急性腰痛(ぎっくり腰)について

札幌市東区元町にある元町整骨院です

最近、当院にご来院される患者様で増えている急性腰痛(ぎっくり腰)についてご説明していきます。

 

そもそもぎっくり腰とは重いものを持ち上げようとした時や腰をかがめたふとした瞬間に腰に電気が走るような痛みが起こったり

 

じわじわと痛くなり立っていることさえ困難になる状態をいいます。

 

ちなみに欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」と呼ばれたりします。

 

ぎっくり腰は激しい痛みや足にしびれを感じるなど場合によっては椎間板ヘルニアの可能性などもあり

 

「家で安静にしていたらそのうち良くなるだろう」と思わずにまずは専門である整形外科や整骨院にかかるようにしましょう!

 

なぜぎっくり腰は痛いのかについてですが、

 

理由としては腰を支える筋肉や靭帯(じんたい)に急に負担がかかり断裂を起こしてしまい、それにより腰の神経を刺激してしまい

 

激痛を感じ動けなくなります。

 

他には腰の中央にある椎骨の関節とその周りにある膜(関節包)や椎間板などが傷つき神経を圧迫することでも痛みを引き起こします

 

中高年の方の場合では加齢や運動不足により腰を支える筋肉が弱くなり、腹筋と背筋のバランスが乱れることでぎっくり腰になったり、

 

椎骨の関節や椎間板の変形し椎間板ヘルニアを起こしている場合もあります。

 

当院ではぎっくり腰と思われる患者様が来た場合はまず痛くなってしまった原因を詳しくお伺いし、次に全身の検査を行います。

 

なぜ全身の検査をおこなうかというと、痛めてしまった本当の原因を探します。

 

上記でご説明した以外にも「骨盤がズレている」「背骨がズレている」など様々な原因が考えられるからです。

 

原因を特定しなければ適切な治療ができず症状改善も進まず、今後の腰痛予防にも活かせないからです。

 

次に原因がはっきりしたら施術に入るのですが、その際もうつ伏せは腰に負担がかかってしまうので横向きで施術をおこない

 

なるべく腰に負担をかけずにします。

 

それと同時に腰に炎症(腰に熱を持つ)があればアイシングを行います。

 

最初の頃はとにかく痛みが強いので日常生活動作で気を付けていただきたいことをお教えします。

 

例えば、布団やベットから起き上がる際はすぐに起き上がろうとせず、横向きになり腰を丸めた姿勢をとるようにしてから起き上がる

 

他には髪を洗う、顔を洗うなどで前かがみになる際は膝を曲げてあげることで腰の負担が減ります。

 

床の物などを拾う場合は片膝を床について持ち上げるなど、いろいろとアドバイスさせていただきます。

 

あとは特に重要なアイシングなのですが、

 

ご自宅でも保冷材をタオルにつつみ腰を直接15~20分冷やしていただき、なるべく安静にしていただくようにしましょう。

 

場合によっては当院でも腰痛ベルトを販売しているのでそれを使って日常生活を送ってい頂く場合もございます。

 

その後、痛みが減少し、炎症が落ち着いてきたら、痛みの強さによって腰に負担のかかりにくいストレッチや運動を指導し、

 

早期回復を目指します!

 

さらにぎっくり腰は再発の可能性もあるため、自宅で簡単にできる再発予防のストレッチや筋トレなどもお教えしています。

 

ぎっくり腰は早期の治療が必要になり、ほっておいてもなかなか改善しません!

 

しかもしびれが強いなどの場合は整形外科でMRIを撮っていただくこともございますので

 

我慢せずにまずはお電話などでご相談ください!

 

☎011-768-8820

 

🏠札幌市東区北21条東15丁目1-8 サンクレスト元町Ⅱ 1F

 

元町駅5番出口 徒歩4分

 

環状通東駅1番出口 徒歩9分

 

平日9:00~12:30 15:00~20:30

 

土曜9:00~12:30 15:00~19:30

 

日曜・祝日 定休日

 

🚙駐車場4台完備

 

🐣お子様連れ歓迎

 

Related Posts